フラットコーテッド・レトリーバーを上手に育てる注意点③遊び編

投稿日:2012年10月17日 | カテゴリー:ブログ

フラットコーテッド・レトリーバーはレトリービングが得意な回収犬ですので、本能として物を探したり、回収することにより、飼い主との絆も強まり、ストレスも発散することができます。

臭覚がとても優れているので、視覚だけでなく臭覚で物(オヤツやおもちゃ)を探させる事などして遊んだり、大きな物でも傷つけず、落とさないように運ばせたりして遊んであげるといいです。

人から色々な指示をだし、その指示通りに従えば良いことがあると理解させると、自然と主従関係が成立し、喜んで指示に従うようになっていきます。そうすると犬のストレスを最小限に抑えて人との共生ができるようになります。

そうなる為の初歩の段階は、難しいことではなく、できやすいことからを遊びの中で身に着けてもらうように教えていくことをお勧めします。

遊びでも常に人がリードして、そして一定のルールに従って遊ぶようにしてください。

フラットはとてもアクティブな犬ですので、体力的にはタフですが、頭を使った遊びでは15分くらいで集中力が落ちるケースが多いので、長く頭を使った遊びはしつけの面では逆効果になる可能性もあります。

人の考えを一方的に押し付けるのではなく、犬の習性や性質を理解して、犬が早く、ストレスなく人との生活になじみやすいように誘導してあげるためには「遊び」の時間と内容はとても重要だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ