キャラが無事に出産

投稿日:2014年9月30日 | カテゴリー:パピー成長記録,ブログ,新着情報

image2014年9月29日にキャラが11頭も出産しました。
とても安産で、仔犬達は産まれてすぐに自力で母乳を探し飲み、超元気です。
男の子6頭、女の子5頭と上手に産み分け、内男の子と女の子に各1頭ずつレバーも!

これからの成長管理がブリーダーの責任であり、やり甲斐ですので、この仔犬達の幸せのために最善を尽くします。

 


男女どちらにするか?

投稿日:2014年9月12日 | カテゴリー:ブログ,未分類

「フラットを飼いたい」というお問い合わせの方で、男の子にするか、女の子にするかを迷っている方が多くいます。
また、「女の子の方が小さくて大人しくて飼い易い」とか「男の子の方が大きくてカッコイイ」とかいう意見もよく聞きます。
本当のところはどうなんでしょうか?

フラットに関して言えば
外観 
男の子の方が女の子より一回り大きく(体高差約3cm、体重差約8kg)、男の子の方が頭部も大きく、コートも長く、骨太である。

性格 
当然ですが、育て方や親犬からの遺伝による影響もあるが、男の子は根っからの天真爛漫で明るい。
男の子は何歳になっても遊ぶ時には全身で喜びを表現します。
女の子も基本的には明るい性格ですが、3歳を過ぎた頃より、他の犬などに対して気難しさが出る犬が結構います。(特に1頭だけの飼育)
男の子は2歳頃から縄張り意識が強くなる犬が結構います。(特に留守番の多い家庭や優しすぎる飼主)

ここからは私の主観です
1歳頃までのしつけの大変さは男女で変わりません。
女の子の方が力が弱くて楽そうに感じますが、散歩中のひっぱりやイタズラのパワーは女の子でも男の子と同等に大変です。
室内で飼うため、サイズを気にする方もいますが、家の中にいてそれほどは変わりません。

実際に成犬となっている男の子や女の子をできるだけ多く見たり、触れたりして、どちらが自分に合うかを確かめて欲しいと思います。
そういう事も含めて犬を飼うことを楽しんでいただきたいです。

例え方がヘタで申し訳ございませんが、車を買うときにカタログを見ただけで買うのではなく、実物を見に行ったり、試乗したりしますよね。
そして、納車までワクワク待ちますよね。
犬を迎え入れることもそれ以上に慎重にして欲しいです。車などの商品とは違い、同じものはありませんからね。生き物ですから!


ページトップへ