カナダへ

投稿日:2017年9月6日 | カテゴリー:ドッグショー,ブログ

8/4~8/7の4日間のカナダのカルガリーで開催されたドッグショーに行ってきました。

4日間のショーでBOB1回、BOS3回という結果でした。

今回の目的は

1.カナダのショーを見て、私が代表を務めるクラブのショー開催の参考にしたいこと。

2.より多くの犬(特にフラット)を見ること。

3.ドイツ産れのヨーロッパタイプのGermieがアメリカタイプの多いカナダでどう評価されるのか知りたい。

でした。

結果として

1.ジャッジ選びが大変重要である。

2.フラットの友人が増えた。他犬種(日本には少ない犬種)も勉強できた。

3.予想通り出身国など関係なく高評価でした。ただしカナダにはレバーカラーが少ないので、色での評価が少し厳しかったかも。

 

この経験を今後のブリーディングと育成に活かしたいと思う。

 


第8グループ展のお知らせ

投稿日:2017年4月11日 | カテゴリー:ドッグショー,ブログ

今年も東京都下フラットコーテッド・レトリーバークラブは第8グループ展を開催します。

日時 2017年6月3日(土)
場所 東京サマーランド
審査員 サイヤ・ユッティライネン (フィンランド)

第8グループの主な犬種で出陳が予想される犬種
アメリカン・コッカー・スパニエル
イングリッシュ・コッカー・スパニエル
イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
フラットコーテッド・レトリーバー
ゴールデン・レトリーバー
コーイケルホンディエ
ラブラドール・レトリーバー

日本では全犬種のドッグショーがほとんどですが、ガンドッグファンシャーのための特別なドッグショーを開催します。
全犬種のドッグショーではプロハンドラーが多く、会場の雰囲気も緊張感が漂ってますが、今回のドッグショーは第8グループの犬種を愛するオーナー同士であり、和やかな雰囲気で情報交換などで盛り上がる楽しいイベントです。
第8グループの犬種がより良い発展をしていくためにも、ファンシャーは是非、出陳または見学にお越しください❗️

特にフラットコーテッド・レトリーバーのオーナーの皆様よろしくお願いします。


アラシとニラ

投稿日:2017年2月25日 | カテゴリー:ドッグショー,新着情報

2/16~2/19の4日連続ビッグドッグショーに参加するためハンガリーのブダペストに行ってきました!
2/14にアラシを連れて出発!

2/16にニラと2ヶ月ぶりの再会!

会場は東京ビッグサイトの約2倍くらいでリングは25個

 

いやー私は英語が喋れないのに無謀にもアラシをハンドリングし、4日全てエクセレントの評価をいただき、R.CACを4枚、R.CACIBを1枚という結果でした。

そして、ニラは現在預かってくれている友人がハンドリングして、全てエクセレント評価をいただき、R.CACを2枚という結果でした。

ニラは精神的にも体型も2ヶ月で成長してました!

 

ハンガリー遠征の個人的感想としては。。。ヨーロッパも別に大したことはない!自分のやってきたことは間違いではなかったなぁ… という感じです。

 

 


前半戦が終了

投稿日:2016年7月12日 | カテゴリー:ドッグショー,新着情報

2016年も半分が過ぎ、しばらくドッグショーもお休み。

前半戦の締め括りに山中湖へ5頭で参加してきました。

ジュニアクラスのルーク

image

 

 

 

 

 

 

 

アダルトクラスのチャック

image

 

 

 

 

 

 

 

 

チャンピオンクラスの晴

image

 

 

 

 

 

 

 

 

チャンピオンクラスの嵐

image

 

 

 

 

 

 

 

 

唯一♀でヤングアダルトのニラ

image

 

 

 

 

 

 

 

 

全員暑い中、楽しく走れました!

出番が終わる頃には暗くなってました〜

image


ドッグショーの合間に

投稿日:2016年3月1日 | カテゴリー:ドッグショー,新着情報

2016年3月21日のJKC公認ドッグショー「第8グループ展」の途中で

アトラクションとして、第8グループの犬種でJKCの血統書が有効な犬に限りますが、

「オーナーハンドラーショー」(参加費2,000円)

これはオーナーハンドラーでドッグショーを楽しみたいと思う人達を応援していくための企画です。

ドッグショー初心者や普段はプロハンドラーに頼んでいる方などが本番と同じ経験をできる良い機会です。

オーナーのご家族であればどなたでもハンドリングできますので、奮ってご参加ください!

「ベテランクラスショー」(参加費2,000円)

これは7歳以上の犬達によるドッグショーです。少し年を重ね全盛期は過ぎたものの、

まだまだドッグショーを楽しみたい犬達の姿を是非ご披露してください!

 

JKC公認のチャンピオンシップショーと重複しての参加も可能ですし、ハンドラーを変更して楽しむこともできます。

ただ楽しいだけの遊びではなく、しっかりと審査も行いますので、真面目に楽しんでいただきたいと思います。

そして、すべての頑張っている方への拍手があるといいなあと思います。

 

PS.もちろん景品も用意いたします。

ハンドラーショー

 

 


ページトップへ