久しぶりのブログ

投稿日:2020年2月13日 | カテゴリー:ブログ,新着情報

かなり久しぶりのブログになってしまいました〜

FacebookやInstagramがあるので、もうブログはいらないかなという感じです。

最近はJKCの東京ブロックや都下連合会の仕事も少しずつやるようになり、犬界全体が少し見えてきました。

とはいえ、日々犬の管理と訓練しながらドッグショーに出かけています。

今年になってからは1/25,26サマーランド、2/9パシフィコ横浜でのFCI神奈川インターに出陳しました。

サマーランドではジャーミーの子CNジゼルがチャンピオン完成し、神奈川インターではハンガリーから輸入したCNハートがチャンピオン完成し幸先良いスタートとなりました。

子犬のお問い合わせも多いのですが、次の出産は5月頃を予定しています。

2019年7月12日産まれのブラックのオスを1頭残しております。この犬はかなり良いフラットになりそうなので、ドッグショーに少しでも興味ある方にお譲りしたいなぁと思います。

お気軽にお問い合わせ下さい。


2019年前半終了

投稿日:2019年7月9日 | カテゴリー:ドッグショー,ブログ,新着情報

7月7日の第8グループ展が終わり今年の前半終了です。

今年の前半では1歳前にトールとコーキがJKCチャンピオンになり、

その2頭の母ジャーミーはトレーニングチャンピオンになりました。

そして、新たにブリーディングを始めたノヴァスコシアダックトーリングレトリーバーの子犬が5/5に誕生し、フラットコーテッドレトリーバーの子犬も6/20に誕生と忙しく有意義な前半でした。

後半は9/28の「フラット単独展」や12/15の「FCI東京インター」の準備や運営で忙しくなりそうですが、行ける時にはドッグショーに参加したいと思います。

子犬をご希望の方はいつでも見学できますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

090-2632-0302 佐藤


2018年の総括

投稿日:2018年12月12日 | カテゴリー:ブログ,新着情報

もう2018年も終わりですね〜

今年を振り返ると

1月.初めて沖縄にドッグショーに行く

2月.ハンガリーへドッグショーに行く

ジャーミーがINTチャンピオン完成

3月.クロスがJKCチャンピオン完成

ニコールがJKCチャンピオン完成

4月.交配したジャーミーを迎えにデンマークへ行く

5月.ジゼルがJKCチャンピオン完成

ジャーミーが9頭出産

6月.ニコールがINTチャンピオン完成

7月.スタンダードプードルを2頭輸入(オリバー♂、ステイシー♀)

9月.ニラが6頭出産

10月.ノヴァスコシアダックトーリングレトリーバーを2頭輸入

(CN:ハミルトン♂、エミ♀)

11月.クロモジがJKCチャンピオン完成

12月.東京都下フラットコーテッドレトリーバークラブ主催の第8グループ展を開催

 

いろいろあったなぁ。今年はfunny-dogs の犬が3頭チャンピオン完成したし、それ以外にもEスプリンガーや、プードルのハンドリングして勉強できた。

また、2017年に行ったカナダやドイツで知り合った仲間からノヴァスコシアダックトーリングレトリーバーやスタンダードプードルを輸入して賑やかになって忙しい。

来年はもっともっとfunny-dogs の犬達が元気に楽しく過ごして、各方面で活躍してくれるでしょう!

 


夢が広がります

投稿日:2018年11月7日 | カテゴリー:パピー成長記録,ブログ,新着情報

今年は5/29にジャーミー、9/1にニラが出産。

ジャーミーの子供達は既にドッグショーにもデビューしてB.BISの好成績でした。

11月にもドッグショーデビューする兄妹もいるし、来年以降4〜5年はこの兄妹が活躍するな〜と夢がどんどん広がってます。

そして9/1には構想から2年弱かかりやっとニラの子供達が産まれました。

まだ2ヶ月ですが、現時点ではジャーミーの子供達より動きが良い!顔も可愛い!

こんなにクオリティの高いフラットを子育てしながらずっと見てると夢がどんどん広がってしまうんですよね〜

12/8の第8グループ展にはジャーミーの子供が何頭でるかな〜   楽しみです!


カナダへ

投稿日:2017年9月6日 | カテゴリー:ドッグショー,ブログ

8/4~8/7の4日間のカナダのカルガリーで開催されたドッグショーに行ってきました。

4日間のショーでBOB1回、BOS3回という結果でした。

今回の目的は

1.カナダのショーを見て、私が代表を務めるクラブのショー開催の参考にしたいこと。

2.より多くの犬(特にフラット)を見ること。

3.ドイツ産れのヨーロッパタイプのGermieがアメリカタイプの多いカナダでどう評価されるのか知りたい。

でした。

結果として

1.ジャッジ選びが大変重要である。

2.フラットの友人が増えた。他犬種(日本には少ない犬種)も勉強できた。

3.予想通り出身国など関係なく高評価でした。ただしカナダにはレバーカラーが少ないので、色での評価が少し厳しかったかも。

 

この経験を今後のブリーディングと育成に活かしたいと思う。

 


ページトップへ